QRスタンプラリー/利用規約・注意事項

名  称

第9回横浜えきまつり QRスタンプラリー

実施期間

2021年10月1日(金)~2021年10月14日(木)

注意事項

  • QRスタンプラリーへの参加は無料ですが、本サービスの利用に関わる一切の通信料、接続料などはお客様のご負担となります。
  • 参加にはGPS機能搭載のスマートフォンが必要です。
  • スタンプ取得の際には、お客様の位置情報が活用されます。お客様の位置情報とラリーポイントとの距離が、一定距離内にあることが認証できた場合に、スタンプ取得が可能になります。
  • ラリーポイント設置場所のQRコードを読み取るの際は、GPSの設定をONにした状態でご参加ください。
  • 対象OSは、Android 7.0以上/iOS 11.0以上、対象ブラウザはSafari、Chromeになります。最新バージョンでのご利用を推奨します。
  • タブレットでは参加できない場合がございます。また、一部のスマートフォンでも参加いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
  • 参加登録時、メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願いします。メールが届いていない場合は、メールアドレスやメールサーバーの容量をご確認の上、再度メールアドレスの入力をお願い致します。
  • 同一日に同じ会場のQRコードを読み取ることはできません。但し、参加翌日以降であれば、参加済みの会場についても再度参加いただけます。
  • 当日取得したスタンプは翌日に持ち越せません。
  • QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
  • スマートフォンのCookieを無効のまま参加されますとスタンプ情報や当選チケット、壁紙が保持されない場合がございますのでご注意下さい。また、Cookieを削除されますと保持していた情報が削除される場合がございますのでご注意ください。
  • スタンプラリーにご参加後は同じブラウザにてアクセスして下さい。
  • Chromeのシークレットブラウズ、 Safariのプライベートブラウズ等を有効している場合、取得した情報が保持されませんので、無効にしてからご参加ください。
  • メールアドレスの変更に伴うデータ(スタンプ情報、壁紙や当選チケットの取得状況などラリーに関わる全てのデータ)の移行はできません。
  • 一部のスマートフォンでは、スタンプラリーにご参加いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
  • QRスタンプラリーの参加に際し、不正行為が発覚した場合は、スタンプ情報、壁紙や当選チケット等、全て無効となります。
  • QRスタンプラリーのサービスを提供するにあたり、以下の情報を取得します。
    1. 参加登録時/メールアドレス、性別、年代、最寄り駅
    2. スタンプ取得時/スタンプ取得施設、スタンプ取得日時
      • 主催者は取得した情報について、漏えい、減失、き損又は不正アクセス等の防止など情報の適切な管理のため必要な措置を行い、個人情報保護のための適切な対策を講じます。
      • 取得した情報はサービス提供以外の目的には利用いたしません。また、取得した情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することは一切ございません。(法令等により開示を求められた場合を除く)
      • 取得した情報は実施期間終了後、適切に破棄いたします。
      • 参加者登録の際にご入力いただいたアンケート内容は、今後の取り組みへ向けた活動の資料としてのみ利用させていただきます。
  • 第三者へ当選者の権利を譲渡・換金・転売等する事は一切できません。
  • 主催者はQRスタンプラリーの内容を予告なく変更・中止する場合がございます。

知的財産権

掲載されている全ての素材について著作権・商標権・意匠権等の知的財産権は、主催者に帰属しています。また、当サイト内で主催者が知的財産権を有する全ての素材については、著作権法、商標法、意匠法その他の法令で認められた場合を除き、複製・転用・転載・電磁的加工・送信・領布・譲渡・貸与・二次的使用など、一切お断りをしています。

免責事項

QRスタンプラリーのサービス提供・運営には細心の注意を払っておりますが、すべての事項について、有用性、確実性、安全性、最新性等についていかなる保証もしないものとします。また、以下の場合において利用者または第三者が被る損害について、主催者は一切責任を負うものではありません。

  • 正確なデータの入力がなされず、参加者が賞品を受領できない場合
  • QRスタンプラリーに参加すること、または参加することができなかったことにより、直接的または間接的に損失が生じた場合
  • QRスタンプラリーへの参加について、スマートフォンのハードウェアやソフトウェア上の障害が生じた場合
  • 第三者による情報改ざんや妨害よるサービスの中断及び遅延により、何らかの損失が生じた場合
  • 推奨する閲覧環境以外からアクセスしたことにより、サービスの利用ができない場合
  • 主催者に故意または重大な過失なく、サービスの欠陥や情報の誤送信が生じた場合